毎週金曜配信のNEWSクリップ号より健康ビジネスキーワードを抜粋してご紹介。
HBW編集主幹の大川耕平が、健康&ウェルビーイングビジネス現場で見聞体験した中で見つけたビジネスヒントや発想刺激につながりそうなトレンドやキーワードをコンパクトに解説します。

健康ビジネスキーワード(11月)

---「Advanced Keep 」

進歩的なキープと訳したいこのキーワードの時代がやってきました。
ヘルスケアの価値に前向きな生活者が、かつてないほど広がりをみせています。ヘルスケアの価値は人それぞれで一様ではありません。

方向性もあらゆる方向に可能性があります。
マイナスからプラスへという単純なベクトルだけではなく、キープという価値も存在しています。
中高年以上にはとても大切な価値観が進歩的なキープです。
キープ自体が進歩的なんだという解釈です。

この価値観を深く広く展開できることがLTVを追求するあらゆるプレイヤーに要求されていくのです。

---「ウェルビーイング・ポートフォリオ 」

ウェルビーイングをテーマとするサービスやプロダクトが今後急増することが予測されています。
本質的なものからなんちゃってまで玉石混交状態にもつれ込むはずです。

その人にとってのウェルビーイング・アイテムが何か?
そして、複数あるアイテムのドライブ度(活用運用度)のバランスが重要であるとの認識も遅かれ早かれ多くの方々が気づくはずです。

このバランスをマネジメントするポートフォリオが必要になるはずです。

このポートフォリオ的ポジションを誰がゲットするのでしょうか?
まさにこれからの領域です。

---「新規事業をどうやって創るのか 」

全く、今までとは違う何かを始めてしまうというのも一つの有効な手です。
既存事業がありながら、新たな成長の道筋を見つけたいというのが事業者の思いです。
絶えず、新規事業を模索したいのが事業主の性だと思います。
スタッフはこれを理解しておくべきです。

さて、新規事業とは新たな売上をどう上げるかにつきます。
そのアプローチはすでに解明されています。

・顧客を変える
・商品サービスを変える
・価格を変える
・場所(チャネル)を変える
・時間帯を変える
・プロセスを変える

さて、貴社であればどこから着手しますか?

---「修正主義 」

一つの正解があらゆる局面に存在するという今では錯覚としか思えない、学校教育を多くのビジネスパーソンが経験しています。
社会人になってもほぼ同じ方向に効率的に向かうことで利益を得ることができました。

量の拡大という勝ち方が存在していました。

しかし、今起こっていることは「・・・が正解だ」と設定したとしても、次の瞬間にそれが変わってしまうという時代が進んでいるということです。
その設定自体を時代の変化スピードが変えてしまうのです。
これは避けようのないことです。

一つの解が修正に迫られ変容していくことが常態化していく時代です。
修正主義こそがこれからの時代の好ましいスタンスです。

そして、チャレンジと失敗はセットです!